「あ~、この変数ってどこで使われてるんだ…」っていうのがパッと見えるように、同じシンボルをハイライトするようにできます。

そう、highlight-symbolならね。

設定は以下の通り。

(package-install 'highlight-symbol)
(require 'highlight-symbol)
(setq highlight-symbol-idle-delay 0.5) ;; highlight after 0.5s idle
(add-hook 'prog-mode-hook 'highlight-symbol-mode) ;; turn on when programming lang file is open
(add-hook 'prog-mode-hook 'highlight-symbol-nav-mode) ;; M-p/M-n でシンボル間の移動

この設定で、プログラムのソースファイルを開いたときにhighlight-symbol-modeが有効になって、シンボル上にカーソルを合わせて 0.5ms 経つと同じシンボルに色が付きます。 その状態でM-n/M-pを押すと前方/後方の同じシンボルに移動します。

M-x highlight-symbol-query-replaceでカーソルが合っているシンボルの置換を行うこともできます。置換元を入力しないでいい分M-%よりは少し便利かなって感じです。

同じカテゴリの記事